外国為替市場は東京、ニューヨーク、ロンドンなど世界各国にあり、土日・祝日を省いて毎日取引されています。

マエストロFXで最初に習得する事になると思いますが、各市場の取引開始時刻は、地球の自転に伴い、順次西へと開いていき、結局24時間開いている事になります。

ニューヨーク市場 (NewYork)

21:00 〜 6.00 

夜9時から開き、ロンドン市場が閉まる少し前の2時頃までが、取引が一番盛り上がり、土曜朝6時にNY市場が閉まると、1週間の取引が終了します。

ウェリントン市場 (Wellington)

5.00 〜 15.00

早朝5時から開きます。
週末に為替動向に影響しそうな材料が出ると、月曜5時に開くこの市場が注目されます。

シドニー市場 (Sydney)

7:00 〜 17:00

朝7時から始まります。
市場参加者は少なく、値動きは少ない市場です。

東京市場 (Tokyo)

8:00 〜 18:00

朝8時から取引開始。
世界3位のビッグ市場で、日本の経済発表のある9時前から9時55分頃までが活発になります。

香港市場 (Hong Kong)

9:00 〜 19:00

朝9時から取引開始。
アジアでは東京・シンガポールに次ぐ市場ですが減少ぎみとなっています。

シンガポール市場 (Singapore)

9:00 〜 19:00

朝9時から取引開始。
アジア3市場では、アジア通貨の取引が多く、シンガポール市場は年々増加しています。

バーレーン市場 (Bahrain)

14:00 〜 23:00

午後2時から取引開始。
中東の金融センター的存在で、イスラム国の為、金曜が休みで、土日はオープン。
取引量は比較的少ない市場。

フランクフルト (Frankfurt)

15:00 〜 2:00

午後3時から取引開始。
15時からヨーロッパ勢が参加してきます。
注目されるドイツの経済発表は16時頃、フランスの発表と共にユーロへの影響が大きい市場。

ロンドン市場 (London)

16:00 〜 3:00

午後4時から取引開始。
世界最大の外為市場です。
特に、ユーロ取引の大半はロンドンで行われています。
現地夕方から、NY市場がオープンしますから、取引が重なり取引量も多く注目市場です。


世界の3大市場

世界第1位 : ロンドン外国為替市場
世界第2位 : ニューヨーク外国為替市場
世界第3位 : 東京外国為替市場

取引量の多い外国為替市場は、ロンドン、ニューヨーク、東京の市場の順で、世界の3大市場と言われています。


外国為替市場の取引時間のまとめ

主な外国為替市場が開いている時間
世界の外為市場が開く時間の推移

為替市場は、順次開いていきますから24時間開いていることになり、各為替市場には特徴があります。

取引が一番活発になるのは、ロンドンとニューヨークが重なる21時から夜2時頃です。
また、一番取引量の多い通貨は、ロンドン市場のユーロで、次いで米ドルで、通貨ペアではユーロ/米ドル、次いで米ドル/円といわれます。

FXトレードにおいて、市場が開いている時間や特徴は重要ですから、Maestro FXで学ぶ時の参考になればと思います。
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://maestrofx.realone.biz/tb.cgi/6

C O M M E N T


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  2000


   プレビュー