スワップ派も為替差益派も頼れるテクニカル分析、値動きはチャートに聞け
みんながチャートを見て、トレードの作戦を立てている。
代表的なローソク足で表示された1分足チャート図。
ローソク足のチャート図


マエストロFXでも、誰もが学ぶチャート

プロでも難しいFX為替予想、スワップポイント狙いにせよ、為替差益狙いにせよ、これから円高に向かうのか、それとも円安に向かうのか、それが読めれば勝てるのが為替の世界です。

単純に考えると、上がるか下がるか、確率はキッチリ五分五分なので、はっきり言って「為替」の漢字の読み方すら知らない子どもが予測しても、半分は当たることになります。

しかし、なぜ「プロ」と呼ばれる人は、予測が難しいといわれ為替相場で勝ち続けているのか?

プロは、「アメリカの雇用統計がどうだから」とか「今後は景気がどうなる」など、経済指標やニュース等のファンダメンタルを分析して為替動向を予測しますが、ハズレる事もあります。

それは、「為替を動かすのは相場に参加している人」であり、大事なのは経済指標そのものではなく、それを見て、参加者が何を考え、どう動くのかを予測することだからです。

そこで役立つのが「チャート」なのです。

市場参加者がどちらの方向を向いているか。
その人問の心理を映し出すのが、「チャート」なのです。


チャートとは

チャートとは、過去の値動きをグラフにしたもので、相場を動かしている人達は全てチャートを見ていると言っても過言ではありません。

チャートからは、「この上昇はもう少し続きそうだな」とか、「もうじき流れが変わりそうだぞ」とか、「〇〇円付近まで下落すると、いつも反発するように上昇するなあ。きっと次もそう来るぞなど、いろんなことが読み取れます。

値動きのクセや習性を調べたり、チャート上に補助線を引いて売買タイミングをはかるなどして使うのです。

そして、多くの投資家がチャートのカタチから、「この上昇はもう
少し続きそうだな、買っておこう」と考えて買い注文を出すことで本当
に上昇が続いた、なんてことも多々あります。

多くの人がチャートを見て、同いとろで同じ読みして、結果的に“読み〞どおりになる場合が多いので、相場に乗るには、みんなが参考に
しているものを自分も参考にせざるを得ません。

しかし、ハズレる事があるため、済指標や一一ユースを分析するファン
ダメンタル分析とチャート分析を合わせて判断する事が大切になり、これをMaestroFXで習得するのです。
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://maestrofx.realone.biz/tb.cgi/11

C O M M E N T


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  2000


   プレビュー